使い捨てカイロを何度も使う生活の知恵

現代社会の生活ということでの世界的な話題は、貧富の差が広がっているということがあります。

生活での人生設計の大切さと義務教育の重要性

使い捨てカイロを何度も使う生活の知恵 現代社会の生活ということでの世界的な話題は、貧富の差が広がっているということがあります。以前の日本では考えられなかったことですが、その世界的な傾向は、日本でも起こっています。ある世界的なIT関係の富豪で成功者が、アフリカなどの貧困を克服するためということで鶏を寄付して、育てるようにする運動をしていました。鶏の場合には餌を自分で自然の中から探すそうで、繁殖力も高いということで、人々が最貧困の生活から抜け出すための寄付をしているそうです。鶏を育てて売るとお金が入るということですが、ことわざにも、飢えた人には魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよあります。鶏はともかく、貧困の克服には魚の釣り方を教える式の教育が重要になります。

富の格差ということでは、社会に階層ができてきます。そうするとその階層が固定化されて、親の階層が子供の階層になり、子供もお金に苦労することになります。そこからできるだけ平等な状態に戻すという方法としては、義務教育の段階から、貧困を克服できる教育をするということを教える必要があります。お金に関しては、教師自体が具体的な体験がないでしょうから、観念的には教えられても、具体的な教育はたぶんできません。しかし、義務教育段階で貧困から脱する教育をすることがいちばん重要になります。時間を味方にできるからです。

お役立ち情報